第54回全日本トランポリン選手権大会|大会成績・練習風景| 東大阪・河内長野、天理の体操教室・トランポリン教室

第54回全日本トランポリン選手権大会

  1. HOME > 
  2. 大会成績・練習風景 > 
  3. 大会成績・練習風景詳細

第54回全日本トランポリン選手権大会

10月20日~22日に宮崎県で全日本大会が開催されました。

 

九州での開催はここ数年増えてきていますが、宮崎での開催はとても珍しく、新鮮でした。

宮崎と言えば、モアイ像!!

何故かと言うと1990年代に日本がモアイの修復活動をした事がきっかけとなり、許可がおりただとか・・

細かな事は皆さんで調べてみてください!!

 

珍しい開催場所なので台風も来ていましたが、モアイ像の観光に行ってから試合会場に向かいました。

 

全日本大会ですが、出場人数と参加資格が決まっています。

出場人数は男女で各65名

参加資格は13歳以上で、決められた大会での上位5位~10位までの成績者

 

そんな中今年は6名の選手が出場する事が出来ました。

大学4年~中学1年生の初出場選手

オリンピック選手も中学生も一緒に全日本1を決める大会で、初出場者には緊張する試合となったでしょう。

 

予選は全員で2回の演技をします。(規定演技+自由演技)

この合計で上位24名が準決勝に進出します。

予選順位

13位 岡田 亜実

17位 奥野 有季

18位 増崎 セリナ

上記の3選手が準決勝進出をしました。

そこから1本演技をし、上位8名が決勝に進出できます。

準決勝順位

7位 岡田 亜実

 

そして最後にもう1本演技をし、最終順位が決定します。

決勝順位

8位 岡田 亜実

 

以上が個人演技の結果となります。

 

2人で跳ぶシンクロ部門

この競技は2人が同じ高さで同じ技をする競技となります。

こちらは予選から一気に8ペアまで人数を絞られます。

予選結果

4位 増崎 セリナ/田中 沙季 ペア

ここからもう一本演技をし最終順位となります。

決勝順位

7位 増崎 セリナ/田中 沙季 ペア

 

最後に団体戦

団体戦は個人演技の点数の上位3名の点数を合計した点数がチームの得点となります。

個人戦での演技が悪ければ、そのまま団体戦の点数も落ちてしまうという事になります。

結果は団体4位という結果になりました。

 

今回の大会は、各自目標や課題をクリアする練習をしてきたのですが、少し届かない部分が出てしまいました・・・

今年もまだ大きな大会は残っていますので、気持ちを切り替え、目標をクリア出来るよう練習をしていきます。

 

 

そしてこの大会で20年間キタイスポーツクラブで競技をしてきた選手が引退となりました。

最初から最後までキタイスポーツクラブで競技を続けてくれてありがとう!!

色々な体験も経験もさせて頂きました。

来年からは社会人!!頑張って下さい!!

 

ちなみに社会人になってもお手伝いをしてくれるそうなので、よろしくお願い致します。(‘◇’)ゞ

 

以上が今回の結果と報告になります。

 

長い文章となりましたが最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

最後に保護者の皆様、大会関係者の方々、大変お世話になりました。

 

カテゴリから見る

教室案内教室案内を見る