第16回全日本タンブリング競技選手権大会 結果報告|大会成績・練習風景| 東大阪・河内長野、天理の体操教室・トランポリン教室

第16回全日本タンブリング競技選手権大会 結果報告

  1. HOME > 
  2. 大会成績・練習風景 > 
  3. 大会成績・練習風景詳細

第16回全日本タンブリング競技選手権大会 結果報告

3月2日(土)~3日(日) 静岡産業大学にて

「第16回全日本タンブリング・ダブルミニトランポリン競技選手権大会」が開催され、

キタイスポーツクラブからは4名の選手がタンブリング競技部門に出場しました。

   

今大会は年齢区分が無いオープンクラスの男女区分のみで競技が行われ、

さらに予選演技に特別要求が採用される公式ルールでの採点となる大会です。

 

そのため、“日本のタンブリング選手の中で自分がどのレベルなのか”が

明確に示される国内で最も大きな大会となっています。

 

<大会成績>

男子 18人中

  優勝   木澤 元太

 予選10位  山本 龍之介

女子 15人中

 決勝進出 8位  古澤 彩芽

 予選11位     阿部 琴美

   

ここ数年、競技レベルが上がってきており、

女子選手は高い演技点勝負が繰り広げられたり、

男子選手では8種目連続の演技構成の中に2回宙返りを2本行う選手が増えてきたり、

男女ともに決勝に進むことも容易ではない中で

 

女子 古澤選手が2大会連続決勝進出!

男子 木澤選手が全日本タンブリング選手権で初となる優勝を飾ることが出来ました!!

 

山本選手、阿部選手も決勝進出には届きませんでしたが

自分の演技を中断することなくやり通しました。

 

しかし、選手全員が次への課題、上位とのレベルの差を感じました。

今の自分のレベルを理解しつつ、満足せずに頑張ってほしいです。

 

次の大会は少し期間が開いて7月、

2019年11月下旬~12月中旬に東京で開催される国際大会の選考会です。

日本代表も簡単なことではありませんが、しっかり狙ってほしいと思います。

 

遠方まで応援、サポートに駆けつけてくださった保護者の方々

いつもありがとうございます。

カテゴリから見る

教室案内教室案内を見る